薄毛が気になっている人は市販の育毛剤を気にしているでしょう。では、よく聞く育毛剤と発毛剤は、何が違うのでしょうか。ここをしっかり理解して使わないと、効果は得られません。まずは分類が違います。発毛剤は医薬品で、育毛剤は医薬部外品です。そして、発毛剤には発毛効果が知られており、新しく毛を生やす方かが期待出来ます。一方で育毛剤は、発毛促進効果しかありませんので、あくまで発毛の補助的効果です。双方に育毛効果と脱毛予防効果はあります。決定的なのはその効果の強さであり、副作用の有無でもあります。強ければ強い程効果が表れるものでもありません。少し気になる程度の薄毛で発毛剤を使っていたら、強すぎて体調を崩す恐れもあります。自分の求めているものが何かを明確にし、きちんと選ばなければなりません。

市販の育毛剤のメリットとは何か

育毛剤を市販で購入しようとした時に、種類が多いことに気づくでしょう。いろいろな会社から、育毛剤が販売されています。男性用だけでなく、女性用もあります。まず育毛剤を市販で購入するメリットは、価格が安いという事です。クリニックに通院するのを考えれば、かなり手頃なので始めやすいでしょう。そして、手に取って見られるという事と、店員に相談出来るという事です。実際に手に取ってパッケージを見て、相談する事によって、自分に合っているかを確認出来ます。効果があるかは使ってみないとわかりませんが、納得して購入出来る筈です。そして、副作用がほとんど無いという事です。育毛剤は医薬部外品なので、懸念される副作用はほぼありませんので安心して使えます。購入したその日から使えるのもいいです。

市販の育毛剤を効果的に使う方法

では、市販の育毛剤を効果的に使うには、どうしたらいいでしょうか。まずは、1日2回つけてください。特に夜の10時から2時まではゴールデンタイムと呼ばれていますので、10時前につけるのが理想的です。そして、毛穴の汚れをしっかりと落としたいので、スカルプシャンプーがおすすめです。毛穴に汚れがついていては、薬効成分が浸透しにくくなります。お風呂上りにつけるのであれば、髪の毛をしっかりとかわかしてください。血行促進効果がありますので、気になる部分だけでなく、全体につける事をおすすめします。そして、マッサージを忘れずにおこなってください。頭皮マッサージにより、頭皮に馴染みやすくなるだけでなく、血行促進効果が倍増します。少しつけてはマッサージをし、全体につけ終えたらまたマッサージするといいでしょう。せっかく購入したのですから、効果が最大限に発揮出来る使い方をしたいものです。