最近はドラッグストアをはじめ、スーパーや通販などさまざまな場所で購入することができる育毛剤ですが、市販されている育毛剤には、薄毛や頭皮の状況に合わせて、栄養補給タイプ、男性ホルモン抑制タイプ、血行促進タイプなど4つのタイプがあります。ひと昔前までは頭皮の血行を促し、発毛を促進させる血行促進タイプの育毛剤が主流でしたが、近頃は直接頭皮や毛根に塗布する栄養補給タイプの育毛剤も人気となっており、栄養補給タイプの育毛剤では不規則な生活習慣や偏った食生活によって起こる一般的な円形脱毛症や薄毛に効果的です。また、agaなど薄毛や抜け毛には男性ホルモンの働きを抑えて発毛を促す男性ホルモン抑制タイプが最適なほか、近頃は女性の薄毛専用の育毛剤も続々と登場しており、男性も女性も髪の悩みに合わせて気軽に育毛剤を選ぶことができます。

効果的な市販育毛剤の正しい使い方

市販されている育毛剤にはさまざまなタイプがあり、使用方法も育毛剤によってそれぞれ異なります。しかし、育毛剤を使う際はその製品の用量や用法に従って使用することが何より重要です。一般的には、朝と晩2回の使用や、髪を洗った後に使用するのが効果的とされている育毛剤ですが、製品によっては髪が濡れている状態で塗布するものもあれば、髪をしっかり乾かしてから使用しなければならないものもあるため、市販の育毛剤を使用する際には必ず説明書を読むことが大切です。また、頭皮にまでしっかり育毛剤を浸透させるためには、育毛剤使用後に丁寧に頭皮マッサージを行うことも大事なポイントの一つです。その他にも、キューティクルを傷つけてしまうドライヤーは髪ツヤの喪失や切れ毛の原因にもなるため、髪の毛内部まで水分が抜けきらないよう日ごろから注意しておくことで、より育毛剤の効果も期待できるでしょう。

市販の育毛剤のメリット・デメリット

市販されている育毛剤は、ドラックストアや通販でも気軽に購入できるというメリットがあります。また、クリニックで販売されている育毛剤は効果が高い為、期待できる物も多いですが価格が高いというデメリットがあります。ドラッグストアや通販の場合、比較的安く買うことができます。しかし、市販されている育毛剤を選ぶ際には注意も必要です。例えばクリニックで育毛剤を処方される場合、一人ひとりに最適な育毛剤を処方してもらうことができますが、市販されている育毛剤を購入する場合は自分で今の自分の薄毛の状況にあったものを見極めて選ぶ必要があります。また、体質にあっていないものを選んでしまうと刺激が強すぎて逆に頭皮を傷めてしまう場合もあるので、初めて市販の育毛剤を購入する場合は、刺激の少ないタイプの育毛剤から試すことや、クリニックで一度自分の薄毛のタイプや体質について調べてもらってから、購入することも大事です。